トップ > 下半身太りしやすい体質を改善する方法 > 下半身の代謝を上げ、むくみ・セルライトを予防するたった2つの習慣

下半身の代謝を上げ、むくみ・セルライトを予防するたった2つの習慣

代謝が悪くなると、下半身がむくんだり、ウエストまわりがたるんでしまいます。その他、セルライトも下半身太りの原因と言われています。

水分が滞ると、体内に溜まった老廃物がコラーゲンを包み込んで脂肪細胞を作ってしまいます。皮下組織に蓄積されるので、表面を触ってみるとデコボコがわかります。更にセルライトがひどくなると肌そのものが硬化してしまいます。

女性の大敵とも言われるセルライトは、運動不足やストレスだけでなく、食生活や生活習慣の乱れが原因です。セルライトを解消したい時は、血流やリンパの流れを改善して、代謝を良くすることが大切です。

綺麗な脚をした女性

リンパ・血行の促進と有酸素運動が効く

下半身のむくみやウエストまわリのたみを解消するには、セルライトを改善する必要があります。適宜なエクササイズや入浴タイムのマッサージなどが効果的です。特に太ももの内側や後ろには、しつこいセルライトが目立つので、念入りにマッサージすれば、ダイエットにも効果があります。

さらに、有酸素運動取り入れて、脂肪の燃焼率を高めるようにしましょう。ウォーキングやスイミング、軽いジョッギングは、効率のよい有酸素運動になります。下半身の筋肉を鍛えれば、脂肪細胞が効率良く燃焼されるので、セルライトを解消して、スベスベの肌になるだけでなく、ダイエット効果もあります。

ふくらはぎや太もも、ウエストまわりの筋肉を引き締めれば、代謝が良くなるので、ダイエット効果があり、スリムな体型をキープすることができます。

関連記事