トップ > 下半身太りを解消するエクササイズ方法 > 仕事中がチャンスタイム!座りながらの下半身引締めエクササイズ

仕事中がチャンスタイム!座りながらの下半身引締めエクササイズ

下半身の引締め効果があるエクササイズには、いろいろありますが、椅子を使って簡単にできるダイエットを取り入れてみませんか。パソコンワークやデスクワークの方は、椅子に座ってもできるので、おすすめです。

体を動かすのが苦手な方や下半身のむくみが気になる方は、血流が悪くなっているので、椅子を使ったエクササイズで、下半身のダイエットをしましょう。気分も爽快になります。手軽にできますが、集中的に下半身の筋肉を鍛えるので、血流が改善されて脂肪を落とすダイエット効果があります。

座りながらエクササイズする女性

仕事の合間にやりたい座りながら運動

それでは、椅子を使ったエクササイズをご紹介しましょう。まず、骨盤と同じ幅に脚を広げて椅子に座ります。次に片方の手を椅子の後ろにまわします。この時に脚が動かないように注意しましょう。

そのまま腰をねじらせて、およそ30秒間息を吐き出します。さらに、反対の手を椅子の後ろにまわして、おなじように腰をねじらせます。このエクササイズを行えば、ウエストまわりの筋肉をシェイプアップすることができます。

さらに、かかとを上げたり下ろしたりすれば、ふくらはぎのむくみ予防にもなります。腰が動かないようにして、かかとだけ床から上げたり下ろしたりします。上半身をまっすぐにしたまま、およそ1分ほど続ければ、ふくらはぎをシェイプアップすることができます。

椅子に座ったままでもできるエクササイズですが、筋肉を鍛えて脂肪を燃焼するダイエット効果があります。手軽にできるので、ぜひ取り入れてみましょう。

関連記事