トップ > 下半身のセルライトを除去する方法 > セルライトの原因その1「リンパ」の滞り

セルライトの原因その1「リンパ」の滞り

セルライトとは、皮ふがオレンジの皮のようにでこぼこになってしまった状態を指します。思春期を過ぎた20代以降の女性に多くみられると言われています。

ダイエット関連の特集やエステサロンの広告、インターネットのダイエットの口コミなど、様々なところで、セルライトという言葉を目にしますよね。多くの女性がセルライトで悩んでいる証拠なのではないでしょうか。

セルライトは、体内の脂肪細胞が老廃物や水分を付着させて肥大化したものが正体です。

セルライトの原因その1「リンパ」の滞り

日頃からリンパの流れを良くするケアを!

そもそも、原因となる脂肪細胞が少なければ、セルライトができることはないのですが、女性は、妊娠や出産をしますので、脂肪細胞が多い体のつくりとなっています。ですから、セルライトは、男性ではなく、女性に多い悩みとされているのです。

では、老廃物はどうして溜まってしまうのでしょう。通常だと、血液やリンパ液が老廃物を運んでくれる働きをしています。ですが、運動不足や睡眠不足、同じ体制で座ったり立ち続けていると、血行不良やリンパ液の流れが悪くなってしまいます。そうなると、スムーズに老廃物を排出できなくなり、どんどん蓄積されていってしまうのです。

そして、一度、セルライトができてしまうと、なかなかセルライトを除去することが難しくなります。セルライトができてしまったら、体を温めて、血行をよくするマッサージをしたりして、地道な努力が必要となってきます。

セルライトは、どんどん成長していく性質を持っています。小さなセルライトのうちは、血行をよくするリンパマッサージで除去することが可能のようなので、時々、自分の体をセルライトができていないかチェックして、取り返しがつかなくなる前に予防、対処をすることをオススメします。

関連記事